2018/05/28

なんでもないわたし


手の爪は深爪ギリギリに切る
前髪は眉毛と目の際の間で切る
休みの日はお化粧をしない
日焼け止めは毎日塗る
帽子を忘れずに被る
大抵のことは大丈夫
大丈夫じゃなかったらしんじゃえばいい



2018/05/19

他人のふんどしで相撲を取るな



フィクションじゃああるまいし、本の読みすぎも考えものだと思った。手首を切ったりオーバードーズをしたり首を吊ろうとする代わりに寿司を食べて寝るのがいい。

朝起きたら胃が痛くて痛くて、ビタミン剤を飲んで寝た。ビタミン剤を飲むのは口角炎がひどいから。そろそろ治さないと口裂け女感ある。胃痛と口角炎は繋がっている。胃と腸も繋がっている。食べてはいけないものが多過ぎる。好き嫌いという意味で食べられないものはほぼないのに。

ノロノロ起きてこれを書いていたらまた眠くなってきた。でももうそろそろ準備しないと。
そのうち長くてだるい文章でも書くか。



2018/05/08

もに


昨日歩いたせいか、今朝は起き上がれなかった。
もう一回寝て、起きてまた寝て起きたら昼だった。
身体が痛いしだるいし希死念慮が頭から離れない。大丈夫大丈夫と自分に暗示をかける。
なんとか起き上がってキッチンに行き冷蔵庫を見たら味噌汁があって、おじやでも作ろうと思い冷凍の米をレンジにかけつつ鍋に火をかけようとした。なんだか下腹部に違和感を感じ、トイレに行ったら生理だった。起き上がれなかったのはこれかよ。
キッチンに戻り、鍋を火にかけ、お麩があることを思い出してお麩を水で戻して温まった米の後に鍋に入れた。最後に卵を入れて火を消して蓋を閉めてシャワーを浴びた。シャワーを浴びたら歯磨きをしたくなって歯磨きをした。あ、おじや食べてないなと思って歯磨きをしたけど食べた。お麩は正解だった。もにっとする感触が好き。でも私は小麦が体質に合わないっぽい。こんなに好きなのにな。



2018/05/01

ゆれ


めちゃくちゃ怒られて、ちょっと泣いてしまって、本当はわんわん泣きたくて、大人だからだめだーと思って我慢して帰って、史奈に電話した。ぺー(私のあだ名)は悪くないだしょと言ってくれた。いつだって持つべき友は史奈。
紀伊國屋の滋賀のガイドブックは少ししかなくて、大体同じことが書いてあった。ファーストキッチンで明太ポテトを食べた。抹茶フロートも飲んだ。全然大丈夫じゃないけど、大丈夫。かなしいな。



2018/04/07

無の


解体工事をしていく様を毎日見ている。
通る度に作業は進んでいき、ついに更地になった。
今まで何の疑問も持たずに見ていた建物が、急に無になり、その向こうの景色を見せ出す。
いつか建物がどんな風であったか思い出せなくなるんだろうけど、また町の一部を喪った、みたいな感覚。

陳腐な約束を私たちはしがちだが、
陳腐でも約束は約束で、それがあると気持ちの拘束力が生まれたりする。
でも、気持ちに拘束力が生まれにくい・生まれない人間もいるわけで、幾度となく過ちは繰り返され、その度に傷ついてきた。
バンドマンという生き物に何かを期待する方がアホでバカで間抜けなんでしょう。
まぁ私も世間的にはバンドマンなんだけども。
もう結構この世界の雑さにうんざりしている。

低気圧で頭痛いし、もう一回寝る。



2018/03/30

今日の日記


電影と少年CQのレコーディングの立会いに行った。スタジオが石神井公園で、終わってからCQ運営の長田さんに誘われて公園の方を通って帰った。桜が満開で、人がゆっくり歩いていた。池があってボートに乗れるが、もう受付時間は終わっていた。
駅に着いたら、長田さんが路上で一杯飲みたい!と言い、頭痛に耐えきれずロキソニンを飲んでいた私はリアルゴールドにした。駅前の商業施設の前にベンチがいくつかあって、そこに座った。未就学児であろう子供が転んで、お母さんは大変だなぁなどと発声した。ベンチにはもうあまりスペースがないのにおばあさんが無理に腰掛けてきて笑った。長田さんはひらひらとバスで帰って行った。私はのろのろと電車で帰った。
乗り換えを間違えて無駄な時間とお金を使い、なんとか最寄駅の隣の駅に着き、友人と合流した。これまた路上飲みである。
友人はお茶割りを求めてコンビニをはしごしたが見つからず、ビールで妥協していた。私はほろよいの新商品のあまり甘くないサイダーを飲んだ。
川沿いに桜が植えられていて、粗末な椅子があった。粗末な椅子でも椅子なので、立っているよりは気分がよかった。
私の家の最寄駅までだらだら歩き、公園に行ったりスーパーに行ったりして最後は日高屋に行った。
私はメンマを頼んで酢をつけて食べた。友人はチャーハンと餃子を頼んでいて、餃子を半分くれたからもぐもぐ食べた。
友人と解散して家に帰ると、何故かディズニーリゾートのお土産袋の隠れミッキーをさがす流れになり、探しまくっても見つからず、ライブの時にもらったチーズたらならぬチーズいかをもぐもぐ食べる行為だけが進んだ。
気がついたら結構いい時間で、私は着替えて布団に入って寝た。
2時半くらいにちょっとした悪夢で起き、しずくだサポートギターのみねから送られてきた新曲の構成を見つつ音源を聴いて歌詞を書いて送り、最近購入したスケラッコ先生のエッセイ漫画を読んだ。「しょうゆさしの食いしん本」というタイトルだ。タイトル通り、おいしいものをひたすら食べるエッセイ。おなかが空くのは勿論なのだが、何か文章を書きたくなってメモ帳を開いた。ブログアプリで書くとすぐ落ちるからだめ。明日というか今日は三鷹でライブ。



2018/03/20

人間との暮らし


人間との暮らし は

たぶん向いていない。
人と四六時中いることがつらい。四六時中気にされることがつらい。
表情の作り方、目の動き、呼吸のタイミング、風呂の時間、お湯の温度、料理の味付け、喫煙するかどうか、快適に感じる温度、飲みに行く頻度、米を食べるか、外食か自炊か、食器は上質か、お茶は麦茶かハーブティーか、好き嫌いがあるか、下品なテレビを見るか、食器をすぐに洗うか、掃除はまめにするか、仕事に集中させてくれるか、怒りっぽくはないか